耐震を考える~八幡西区テラス大浦~

こんにちは。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

本日は、東日本大震災から6年。

いまだ復興はみちなかばのまま仮設住宅で生活をおくらざるをえない方も3万人をこえると聞きます。

本日インターネットで検索をしようとYahoo!を開くと

“「3.11」と検索すると、おひとりにつき10円が東北復興のために寄付されます。”

という文字がありましたので早速「3.11」と検索をかけると120万人以上の方が検索をしており、

関心の高さを実感しました。Yahoo!の特設頁はコチラ→https://fukko.yahoo.co.jp/

 

あの東日本大震災から全国的に耐震住宅が注目をさらにあびるようになりました。

浅川中学校区内の八幡西区大浦にて新築分譲しています

「ザ・プレース産医大前テラス大浦」で採用している構法は、

耐震構法SE構法といいます。

耐震等級の最大3を取得しています。

この構法で建築された建物は、

東日本大震災時に震度6以上の地域に当時1227棟。震度5以上の地域に4500棟。

地震動により、主要構造部に被害をうけた建物はありませんでした。se-img08

あなたの家族を守る家。

選ぶポイントのひとつに、「耐震」も取り入れていただければ作り手としても幸いです。

「ザ・プレース産医大前テラス大浦」構造の参考頁はコチラ→http://earthtic-terracehouse.com/se/

現在先行モデルハウス内覧会実施中です。

お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

最後に、

今後もすこしでも力になれるように微力ながら私も行動をおこしていこうと思います。

「がんばれ東北!」