SE構法

あなたの夢、“SE構法” が叶えます。

耐震構法SE構法とは

SE構法とは、地震国日本を安全・安心に暮らしていくために開発された耐震構法です。
柱と梁を剛結合することで揺るぎない強度の骨組みを生み出し、建築を支える構造を「ラーメン構造」といいますが、SE構法は木造住宅にラーメン構造を取り入れ、安全に利用できるようにした構法です。耐震性と設計の自由度が極めて高いSE構法を使えば、高い安全性を確保したまま、柱や間仕切り壁の少ない、開放的な空間を実現することができます。強靭な骨組みと、自由に編集できる空間は、現在から将来へとわたり満足が続いていく家づくりの基本です。

SE構法は特定の建設会社だけが利用できる安全・安心のシステムです。

建物の品質をしっかり管理するために、SE構法は登録施工店制という仕組みをとっています。構造設計から資材供給、施工管理、性能保証までの一貫した流れによってこそ、安全な構造性能が確実に実現できるからです。

構造の強さの理由

SE構法の接合システム

SE構法とは、地震国日本を安全・安心に暮らしていくために開発された耐震構法です。
強度の高い集成材の柱と梁の接合部に独自開発の金物を用いるシステムは、在来工法と比較して、断面欠損の少ない強靭な接合部を生み出します。

接合部が強靭だから地震に強い。

在来工法の柱と梁は、接合部に強度がほとんどありません。骨組みだけでは簡単に崩れてしまうため、筋交いという斜め材をいれますが、地震時には接合部が破壊する恐れがあります。
SE構法は接合部が強靭であることにより、柱と梁のみで揺るぎない強度の骨組みを生み出すことができます。骨組み全体で建築を支えるので、まさに家そのものが大黒柱であるといえます。

柱が基礎に直結しているから、引き抜きに強い。

在来工法では土台の上に柱がのっているため、引き抜きの力に対して弱く、地震時の大きな揺れで、柱が引き抜かれる心配があります。
SE構法では主要な柱を柱脚金物で基礎と直接接合しているため、引き抜きに対して圧倒的な強さを得ることができます。

1,277棟の安全が保たれた理由

SE構法では供給当初より「立体解析」による構造計算を実施。
さらに計算どおりの性能を発揮できるよう、工場加工・現場施工管理まで一貫した供給システムを確立しました。
木造における「耐震構造」を突き詰めた結果といえます。

安全な家を建てるためには?

建物の安全性や構造性能を検証するには、構造計算が必要です。構造計算とは、地震や台風等によって建物にどのような力が生じ、建物がどのように変形するかを解析し、その変形や力に建物が耐えられるのかを判定することです。

一般の木造住宅は構造計算をしていません!

建築基準法では、木造2階建て住宅の構造計算は義務付けられていません。
そのためほとんどの木造住宅は構造計算されていないのが現状です。
一般の木造住宅で行われている壁量計算は、構造計算であると誤解されることがありますが、壁量計算は構造計算ではありません。壁量計算は、簡単なチェックでしかないため、壁量計算でOKな建物でも、構造安全性に問題のある建物になってしまう恐れがあります。

あなたの家は安全ですか?

SE構法で建てられるすべての家は、構造計算されています。なぜなら家の形状や立地条件等は一棟一棟異なるため、安全な家を建てるためには個別の検証が必要だからです。SE構法の建物は、立体解析の構造計算プログラムによって、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の建物と同じ手法で解析されているので、非常に高い安全性を得ることができます。